堂々たる作品!第23回子ども書き初め展

  • 2020.02.26 Wednesday
  • 16:15

  1月31日から2月3日まで、紋別市民会館にて第23回子ども書き初め展が開催されました。今年の応募作品は148点と昨年より5点の増加で、小学生103点、中学生45点と小学生は減少しましたが中学生が増加したことは喜ばしいことです。1月25日に審査会が行われ、10名の審査員で慎重ながらも温かい目で審査をしました。力作ぞろいで特に中学生に優秀な作品が多く難航しながらも11点の特別賞が選出されました。

 今年も、こどもクラブ参加者の出品がたくさんあり、入賞した人も多かったことは喜ばしいことです。残念なことに審査対象外となってしまった作品が1点ありました(規格外)。来年は課題・規格に注意してまた挑戦してほしいなと思います。

審査の結果、紋別市長賞に輝いた久保田明里さん(紋中2年)の行書作品は、線に流れがあり筆遣いも素晴らしく全員一致で市長賞に選ばれました。他の特別賞作品も、どれも堂々としてしっかりとした筆運びで、意欲が感じられる甲乙つけがたい作品ばかりでした。今後が楽しみです。2月1日の日曜日に表彰式を行い、最後に出席者全員で記念写真を撮って終了しました。展示期間中は入賞者をはじめ沢山の方々がご家族連れで観覧に訪れてくれたようです。

 惜しくも今回は特別賞を逃がした人、そして、入賞できなかった人たちもみんなにチャンスはあるのですから、来年もまた沢山の子供たちにチャレンジして頂きたいなと思います。力強く元気いっぱいの作品を待っています。

 

     

   市長賞     市民憲章賞    書道連盟会長賞   PTA会長賞     議長賞      教育長賞

 

        

 校長会賞     文連会長賞     青少年賞                       道新賞         民友賞 

 

                                            市長賞の久保田さん

 

 

第52回紋別文化連盟賞授賞式・祝賀会

  • 2019.12.10 Tuesday
  • 16:32

   第52回 紋別文化連盟賞授賞式・祝賀会が11月22日㈮、みゆきクリスタルホールで開かれました。安曇会長の挨拶に続いて授賞式が行われ、選考委員会で選ばれた「文化功労賞」2個人、「芸術文化貢献賞」1団体、「文化奨励賞」2団体、「市民活動実践賞」1個人1団体に、それぞれの功績を讃えて安曇会長から記念品が贈られました。

 祝賀会には約70名の関係者が集い、受賞者を囲んで喜びを分かち合っていました。

 受賞者の皆様、益々のご活躍をお祈り申し上げます。

 

【受賞者紹介】

◆文化功労賞    渡部 リツコ氏 (琴城流大正琴菊の会主宰)

◆文化功労賞    進藤   忠氏 (紋別市ことぶき大学「コーラス部」講師)
◆芸術文化貢献賞  アンサンブル弦(代表:鈴木多恵子)
◆文化奨励賞    北海道一輪車協会紋別支部(代表:佐々木妙子)

◆文化奨励賞    NPO法人ロサ・ルゴサ(代表:岸山登茂子)

♦市民活動実践賞  紋別手芸サークル(代表:黒岡静子)

♦市民活動実践賞  佐藤由美子氏(公民館講座「組み木工作講座」講師)   

 

劇団海鳴り第49回定期公演「殿様と私」

  • 2019.11.17 Sunday
  • 17:40

 劇団海鳴り 第49回定期公演、新しい時代の波に戸惑いながら懸命に生きようとする人々を笑いと涙で描く傑作喜劇「殿様と私」作/マキノノゾミ 演出/五十嵐陽子が、11月16日㈯、11月17日㈰、紋別市文化会館ホールにて開かれました。

 

 

第55回 市民合同茶会

  • 2019.11.10 Sunday
  • 17:28

   紋別茶友会主催の市民合同茶会が、11月10日㈰、9:30より紋別市民会館で開かれました。

伊藤社中(裏千家)小林社中(玉川遠州流煎茶)が当番となり茶席が用意され、参加された市民の皆さんは、日本の伝統文化「茶の湯」を楽しんでいました。

 

 

第19回美園ダンスパーティーを開催しました。

  • 2019.04.22 Monday
  • 09:00

平成31年4月21日㈰ 13時より紋別市民会館小ホールにて開催しました。

沢山の人が参加し、ダンスを楽しんでいました。

 

 

 

 

第22回 子ども書初め展

  • 2019.02.04 Monday
  • 14:45

第22回子ども書き初め展

 

 2月1日から4日まで、紋別市民会館にて第22回子ども書き初め展が開催されました。今年の応募作品は143点と昨年より2点の増加で、小学生108点、中学生35点と小学生は減少しましたが中学生が増加したことは喜ばしいことです。1月26日に審査会が行われ、10名の審査員で慎重に温かい目で審査をしましたが、特に中学生に優秀な作品が多く難航しながらも11点の特別賞が選出されました。

 今年も、こどもクラブ参加者の出品がたくさんあり、入賞した人も多かったことは喜ばしいことです。残念なことに審査対象外となってしまった作品が3点ありました(課題違い2点、規格外1点)。来年は課題・規格に注意してまた挑戦してほしいなと思います。

審査の結果、紋別市長賞に輝いた林翔太くん(紋小5年)の作品は、堂々としており起筆・収筆もしっかりしていて大人顔負けの筆遣い!全員一致で市長賞に選ばれました。他の特別賞作品も、どれもしっかりとした筆運びで、意欲が感じられる甲乙つけがたい作品ばかりでした。今後が楽しみです。2月3日の日曜日に表彰式を行い、最後に出席者全員で記念写真を撮って終了しました。展示期間中は入賞者をはじめ沢山の方々がご家族連れで観覧に訪れてくれたようです。

 惜しくも今回は特別賞を逃がした人、そして、入賞できなかった人たちもみんなにチャンスはあるのですから、来年もまた沢山の子供たちにチャレンジして頂きたいなと思います。力強く元気いっぱいの作品を待っています。

 

  

  

「第51回紋別文化連盟賞」「第24回文芸オホーツク賞」授賞式・祝賀会を開催しました。

  • 2018.12.07 Friday
  • 13:52

 地域芸術文化の発展と振興に貢献された個人及び団体に授与される紋別文化連盟賞並びに文芸オホーツク賞の授賞式・祝賀会が、1124日㈯、ローヤルパレスクリスタルホールで開かれました

 

安曇 恭彦会長の挨拶

功労賞:大館 和広(もんべつかいはつくらぶ 代表)様

功労賞:古寺 純嗣(紋別合唱連盟 会長)様

芸術文化貢献賞:紋別市書道連盟(小川 素尚 代表)様

芸術文化貢献賞:生田流正派若菜会柴田社中(柴田 雅寿 代表)様

奨励賞:紋別ヒーロー倶楽部(代理 谷川 健二)様

市民活動実践賞:紋別きり絵クラブ(阪東 睦子 代表)様

文芸オホーツク賞選考委員長:小川 昭一郎 様

文芸オホーツク賞「奨励賞」:坂本 てい子 様

文芸オホーツク賞「奨励賞」:大津 淳子 様

 

各受賞者が謝辞を述べました。

 

寄付感謝状贈呈:紋別更生保護女性会(書記 渡辺 富美子)様

紋太も駆けつけました!

受賞者の皆さんで

祝杯:橘 岑子(元紋別文化連盟副会長)様

 

合唱の皆さんが歌声を披露

大室さんによる「ゆびぶえ」

祝唱:新沼 透(北海道議会議員)様

文連賞授賞式

  • 2016.12.02 Friday
  • 22:48

 

 

 

奨励賞:レイアロハ・フラスタジオ旭川紋別教室

 

奨励賞:フラ・サークル紋別

 

奨励賞:読みきかせサークルわくわく

 

芸術文化貢献賞:紋別エッセイクラブ

 

功労賞:安曇恭彦

 

荻野会長挨拶

文芸オホーツク賞授賞式

  • 2016.12.02 Friday
  • 22:37

小川選考委員長講評、奨励賞:森田友子、受賞者謝辞:安曇、平野、渡辺、佐藤、
 綿本、森田の各氏

 

 

 

 

 

 

 

文連賞&文芸オホーツク賞授賞式・祝賀会

  • 2016.12.02 Friday
  • 22:28

螢宗璽粥射佑悗隆麌婉盍脅嫋贈呈、受賞団体の記念写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM